不動産屋とは

ひとえに不動産屋(会社)といっても、その業態は様々です。
定義付けをすると、営利目的で、主として不動産を自ら売買・交換・賃貸・管理することや、不動産の売買・交換・賃貸の代理媒介を行うものを、
不動産会社といいます。
ちなみに、一般の方がマンションやアパートを借りる際によく利用する街の不動産屋(今は大手フランチャイズ化が進んでおり、街のという表現は適切ではないかもしれませんが)の業務は、賃貸の代理媒介に該当します。よって、不動産屋のイメージはこの賃貸の代理媒介が強いかもしれません。
では、不動産屋がこのなじみ易い賃貸の代理媒介とは具体的には何をすることか、またどういった営利を得ているのかを紹介するとしましょう。
代理媒介とは、簡単にいうと何かの間を取り持つことです。
本件でいうと、マンションやアパートといった賃貸物件を貸したい側(賃借人)と借りたい側(賃借人)の間を取り持ち、
その取り持ちに基づき双方の要望が合致した場合(賃貸借契約が締結した場合)、その対価として仲介手数料を得ることができます。
不動産会社が得ることができる仲介手数料には上限があります。どちらから、賃借人賃貸人の両者又は一方から徴収することができますが、
その上限は、賃借料の1ヶ月分の1.08倍に相当する額となります(一方から徴収する場合にも条件がありますのでご留意ください)。
よって、不動産会社が賃借人に対してキャンペーン期間中につき、仲介手数料無料と謳っているときは賃貸人が負担している可能性があるということです。
また、賃貸人が負担するくらいなのであまり人気がない物件であるということも言えますね。


不動産屋との相性も大切

中古のマンション購入を考えた際に、物件探しと同様にまず不動産屋探しにも注目しました。というのも、現在市場に出回っている中古物件は、各不動産屋が情報を共有しているため、基本的にはどの不動産屋でも同じ物件を扱うことができるということを知ったためです。

もちろんそれぞれの不動産が、自分の店に売却物件を持ち込まれたばかりのごく初期の段階では、その店のみ所有している物件となるわけですが、その後不動産流通機構に登録されます。そのため、例えばネットの不動産検索サイトで、希望に合うある物件を見つけたとしたら、あとはどこでも自分の希望する不動産屋に行けば良いわけです。同じ物件でどこの不動産屋でも良いのであれば、より良い不動産屋と取り引きしたいと思ったのです。

実際にはネットをチェックしている時に、めぼしい物件があるとまずそこに記載されている取り扱い業者に連絡して、質問や内覧などしてきました。そして一度コンタクトを取った不動産屋は、こちらの希望条件を聞いてきて、他にも良さそうな物件があれば情報をくれるようになるので、複数の不動産屋と接してきました。その結果として、やはり不動産屋によっていろいろ違いがあることを体感しました。

厳密には、それは不動産屋というより、営業マン個人の違いとも言えるかもしれません。この人には頼みたくないなという人や、逆にこちらの希望を的確に汲んで情報提供をしてくれる人、内覧の際にはその物件のデメリットも公平な目線で説明してくれた人など、担当者による印象の差は大きいものでした。不動産取り引きには、こうした不動産屋との相性も決して軽視できない要素ではないでしょうか。


査定から売却まで土地売却の流れとは

不動産を持っている人で土地売却をしたことが無い人もいるでしょう。そこで土地売却の流れについて見ていきましょう。
・土地売却の流れ
 まずは売却を考えている土地がいくらで売れるのか不動産会社に査定してもらいます。不動産会社は売る人の希望額も考慮してくれますが、現実的には売却可能な値段でも取引になります。したがって売る人も希望額と査定額の開きがあるのは仕方ありません。また、不動産会社によっては査定の価格は違いがあります。そのため以下の事をしましょう。複数の不動産会社に土地売却査定の依頼をします。この事で売却の値段の相場を知る事ができますし、また業者の対応が良いか悪いかも判断できます。ここで注意したのは査定価格が高ければ良いと単純には言えない点です。相場を大きく離れた高い価格では結局売却できずに売れ残って、買いたたかれて売却する羽目になるかもしれません。査定価格は3か月以内に売却可能かどうかを目安にしましょう。次にする事は不動産会社との媒介契約です。不動産会社が決まったら、売却を依頼するために不動産会社と媒介契約をしなければなりません。次いで瑕疵の申し出を行います。売却をする土地の情報は開示しなければなりません。中でも暇疵がある場合は後々に揉め事になる可能性あるので、重要事項説明書に記載しないといけません。これをしないと損害賠償や契約解除になる事があるので気を付けておいてください。そして次に売買契約の締結しないといけません。買う人が現れたら不動産売買契約を交わします。契約書などの必要書類に記名や捺印をします。売却価格が決まると不動産会社に支払う仲介手数料や不動産譲渡にかかる税金の額も決まります。最後に代金を受け取って引き渡し、所有権移転登記を終えたら売却手続きは終了です。不動産売却のやり方は分かって頂けましたか?初めての人も多いでしょうから、参考にしてみてくださいね。


良い不動産を選ぶポイント4選

センター試験も近づきいよいよ本格的な受験シーズンですね。いよいよ入学も近づき引っ越しなんかも考える学生も多いでしょう。そこでやはりマンションやアパートを借りる人が多いと思いますが、不動産屋選びで失敗したくないですよね。ここでは不動産屋を選ぶポイントについて解説します。
・不動産屋は2種類ある
不動産屋には管理業者と仲介業者があります。また両方を営んでいる所もあります。いったいどちらからかりた方が良いのでしょうか。実は一番おすすめするのは両方を営んでいる所です。理由は管理業者が持っている物件には仲介業者には情報を漏らさない部屋があるからです。この物件は良い物件です。有力な物件の場合はすぐに借り手が見つかりますから、仲介業者に頼みません。それに加えて仲介業者も兼ねていますから何かあっても安心があります。例えば隣の部屋の騒音に悩まされるとかです。
・店頭の張り紙は要チェック
不動産屋さんの前を通るといろいろな物件を紹介している張り紙が貼ってありますね。その中でこれがいいと思って聞いたみたら、それは借り手が決まったと言われるような不動産屋はやめておきましょう。要は目を引くために貼っているだけという可能性があります。ちゃんとした不動産屋なら借り手が決まった時点で張り紙は外しておきます。
・接客態度はどうか
やはりインターネットで情報を調べるだけでは分からない部分もあります。そこで接客態度なども直接行って確認してみましょう。
・デメリットも隠さず説明するか
不動産屋もやはり商売ですから良い所ばかりをいう事があります。でもどんな物件であっても欠点はあるはずです。そこを説明してくれないような所は信用できないのでやめておきましょう。不動産屋とは長い付き合いになるかもしれませんから、信用のおける不動産屋を選びましょう。


それぞれにアイデア満載の不動産屋の楽しいウェブサイト

やっぱり、優良な不動産屋というのは、色々な面であまりお金がかからないということです。悪い不動産屋というものは、何だかんだ言って、色々な費用がかかるのです。入居時や退去時に多額の費用をプラスして請求するわけです。驚くことに、家賃の6ヶ月分ほどがかかるということもあるのです。

それが、優良な不動産屋というものは、2ヶ月位で済むのが驚くところです。そんな不動産屋では、アフターフォローもしっかりとしていることもあります。

また、とても素早い対応をしてくれて、家主との間に入っては双方が納得できるやり取りをしてくれるのです。何か家主と問題が起これば、素早く対応してくれるのも大事なところです。

そんな不動産屋のウェブサイトでは、本当にユニークです。家賃が5万円以下の物件しか取り扱っていないのです。また、リノベーション物件しか取り扱っていない不動産屋のサイトもあって、ますます面白いところです。

京都トンガリエステートが面白いところは、みなエーゲ海に浮かぶような物件ばかりを扱っているところですね。どこかお風呂もエレガントです。窓が大きく、とってもフワッとしたリゾート気分な物件ばかりを取り扱っているのです。

また、ひつじ不動産はとっても面白いです。とにかく名前も可愛いから、女性も楽しくなります。また、凄くおしゃれな物件ばかりを取り扱っているんです。今までに見たこともないようなデザインやアイデアが満載で、しかもシェア住居ばかりを取り扱っているのも魅力的です。


こちらの要望を踏まえて物件を紹介してくれるのが良い不動産屋

私にとっての良い不動産屋とは、こちらの言う言葉をしっかりと聞いてくれる聞き上手な担当者がいる不動産屋です。

不動産屋の立場からすれば、少しでも多く契約をとりつけたいと考えています。そのためには魅力的な物件をガンガンセールストークしていかなければならないわけですが、それも行き過ぎれば客にとっては耳に入れたくない言葉になってしまいます。魅力的な物件には確かに興味がありますが、それでもあまりにプッシュされると逆に腰が引けてしまいます。これは洋服屋などで積極的に服を勧めてくる店員と似ているかもしれません。

その反対にまずこちらの要望を聞きだし、それに対して柔軟に物件を紹介してくれる不動産屋はとても信頼が厚くなります。まずお客ありきで不動産を紹介しようとしているその姿勢に好感が持てますし、そういう担当者が相手ならこちらとしても自由に意見を言いやすいです。そうすれば気軽に質問をすることもできますので、住んでからの思い違いをなくすこともできます。

人によってはセールストークされたほうが決めやすくなるのかもしれませんが、私の場合はそうではありません。適度に紹介してくれるならまだしもこちらの意向を確かめもせずに物件を紹介してくる不動産屋だと「こちらの都合はどうでも良いのかな」と不信感を募らせてしまいます。不動産屋も契約に焦っているでしょうからセールストークをするなというのは無理なのかもしれませんが、どちらかといえば控え目な不動産屋のほうが私は好感が持てます。