査定から売却まで土地売却の流れとは

不動産を持っている人で土地売却をしたことが無い人もいるでしょう。そこで土地売却の流れについて見ていきましょう。
・土地売却の流れ
 まずは売却を考えている土地がいくらで売れるのか不動産会社に査定してもらいます。不動産会社は売る人の希望額も考慮してくれますが、現実的には売却可能な値段でも取引になります。したがって売る人も希望額と査定額の開きがあるのは仕方ありません。また、不動産会社によっては査定の価格は違いがあります。そのため以下の事をしましょう。複数の不動産会社に土地売却査定の依頼をします。この事で売却の値段の相場を知る事ができますし、また業者の対応が良いか悪いかも判断できます。ここで注意したのは査定価格が高ければ良いと単純には言えない点です。相場を大きく離れた高い価格では結局売却できずに売れ残って、買いたたかれて売却する羽目になるかもしれません。査定価格は3か月以内に売却可能かどうかを目安にしましょう。次にする事は不動産会社との媒介契約です。不動産会社が決まったら、売却を依頼するために不動産会社と媒介契約をしなければなりません。次いで瑕疵の申し出を行います。売却をする土地の情報は開示しなければなりません。中でも暇疵がある場合は後々に揉め事になる可能性あるので、重要事項説明書に記載しないといけません。これをしないと損害賠償や契約解除になる事があるので気を付けておいてください。そして次に売買契約の締結しないといけません。買う人が現れたら不動産売買契約を交わします。契約書などの必要書類に記名や捺印をします。売却価格が決まると不動産会社に支払う仲介手数料や不動産譲渡にかかる税金の額も決まります。最後に代金を受け取って引き渡し、所有権移転登記を終えたら売却手続きは終了です。不動産売却のやり方は分かって頂けましたか?初めての人も多いでしょうから、参考にしてみてくださいね。