不動産屋との相性も大切

中古のマンション購入を考えた際に、物件探しと同様にまず不動産屋探しにも注目しました。というのも、現在市場に出回っている中古物件は、各不動産屋が情報を共有しているため、基本的にはどの不動産屋でも同じ物件を扱うことができるということを知ったためです。

もちろんそれぞれの不動産が、自分の店に売却物件を持ち込まれたばかりのごく初期の段階では、その店のみ所有している物件となるわけですが、その後不動産流通機構に登録されます。そのため、例えばネットの不動産検索サイトで、希望に合うある物件を見つけたとしたら、あとはどこでも自分の希望する不動産屋に行けば良いわけです。同じ物件でどこの不動産屋でも良いのであれば、より良い不動産屋と取り引きしたいと思ったのです。

実際にはネットをチェックしている時に、めぼしい物件があるとまずそこに記載されている取り扱い業者に連絡して、質問や内覧などしてきました。そして一度コンタクトを取った不動産屋は、こちらの希望条件を聞いてきて、他にも良さそうな物件があれば情報をくれるようになるので、複数の不動産屋と接してきました。その結果として、やはり不動産屋によっていろいろ違いがあることを体感しました。

厳密には、それは不動産屋というより、営業マン個人の違いとも言えるかもしれません。この人には頼みたくないなという人や、逆にこちらの希望を的確に汲んで情報提供をしてくれる人、内覧の際にはその物件のデメリットも公平な目線で説明してくれた人など、担当者による印象の差は大きいものでした。不動産取り引きには、こうした不動産屋との相性も決して軽視できない要素ではないでしょうか。